家賃以外にも費用はかかる!賃貸部屋を借りる時の諸経費も要確認

賃貸部屋を借りるときに一般的に必要な費用とは

賃貸部屋を借りる時には、家賃だけではなくさまざまな費用がかかります。では、どのような費用が必要なのでしょうか。一般的にまず必要となるのが敷金です。これは賃貸部屋を借りる際に、管理会社に対して預けるという形を取ります。部屋を退去する際に、この敷金の中から修繕費などを差し引いて返還されます。

他にも礼金が必要な場合もあり、礼金は賃貸物件の所有者に支払う謝礼のようなものなので、返還されることはありません。住宅の売買契約時に必要となる手付金ですが、賃貸契約の申し込みは手付金を受け取ることができないため、手付金を支払うことはありません。例え賃貸契約後に何らかの事情でキャンセルすることになっても、原則的に費用がかかることはないので安心です。

管理費や仲介手数料などの諸経費も考慮して決めよう

賃貸部屋の契約では、入居する月の家賃を契約時に支払うことになります。大抵は月の途中で入居する場合日割り計算となりますが、中には翌月分まで支払いが必要になるケースもあるので注意しましょう。物件を仲介してくれた不動産会社へ支払う仲介手数料も考えておかなければなりません。これは法律で賃料の1か月分が上限と定められていますが、不動産会社によって仲介手数料が異なることがあるため、最初に確認しておくようにしてください。

もしも車やバイクなどを利用する場合は、駐車場の使用料も必要となります。有償か無償かは物件によって違い、有償であれば入居時に支払いをします。また場合によっては保証料やセキュリティが心配な方は鍵の交換など、さまざまな出費が考えられるため、賃貸部屋を探すときにはそれらのことも考慮したうえで決めるようにしましょう。