不動産屋へ賃貸部屋の相談や下見の案内をしてもらう

相談時に気をつけること

部屋を探す、見たい物件を見に行くとなったら、不動産会社に行きますよね。しかし、いきなり飛び込みで行くのではなく、きちんと予め予約を入れていきましょう。予約をしておけば、担当者の方はお勧めの物件を探して、用意する等、余裕を持って対応してくれます。また、訪問する時間帯として、午前中に訪問すると、相談して、ある物件を見にいきたいとなれば、見に行けます。部屋探しにおいて、1日の時間を有効に使いましょう。 不動産会社に行く時は、きちんとした清潔感のある服装も欠かせません。この人は家賃を払ってくれるかどうか、周囲の人とトラブルが起きないかどうか、担当者さんは、密かにチェックしているようです。不動産探しは、今後の生活にも関わっってきますから、時間がかかるのは当然です。慎重に担当者の方と相談すれば、自分に合った、素敵な部屋を探し出すことができます。

下見時に気をつけること

いざ下見に行って知りたい情報を何も得られずに帰ってしまうと、これは下見に行った意味がありません。そこで、下見時に確認しておくべきことを考えてみましょう。まず、収納についてです。部屋によっては、もともと収納がついているところもあれば、収納なしの部屋もあります。収納がない部屋は、自分たちが持っている家具をどこに配置するか考える必要があります。この時にコンセント、TV配線の位置も見ておきます。家具をおく場所によっては、コンセントが隠れてしまって、プラグがさせないなんてこともありえます。 また、部屋の中だけでなく、周囲の環境をチェックすることも大切です。住人の雰囲気はどうか、隣人の人との関係はどうか、日照はどの程度あるのか等を確認します。引っ越してきて、騒音がうるさくて生活に支障が出るなんてことがあると大変です。新しい部屋での快適な生活のためには欠かせません。